BLOG

ブログ

新型コロナウィルスの感染拡大が昨今日本を脅かしています。

感染拡大防止の観点から、オンラインでの診察などの措置も図られている中、現在ささやかれているのが「医療崩壊」。

もし、コロナに感染してしまい、自宅療養または、臨時施設での生活を余儀なくされてしまった場合、皆さんの加入されている医療保険。給付が受けれるのでしょうか?

 

答えはYESです。

各保険会社に問い合わせをしてみてください。

現在新型コロナウィルスの感染拡大にともない、医療機関等の事情により臨時の施設(ホテルや自宅など)で療養した場合も、医師による証明書等があれば入院給付の支払対象となる措置をとっている会社が多くございますので、一度確認をしていただく事をお勧めします。

 

また、政府から発表された現在30万円の給付。もらえたらうれしいけど、私たちは対象になるの?よくわからない。といった声が聞こえてきます。簡単に下記にまとめましたので、参考にしてみてください。

※現状申請方法等についての情報解禁をされておりませんので、あくまでご参考程度にご覧ください。

 

条件

パターン①年収ベースで住民税が非課税となる。

2月~6月いづれかのお給料×12≦住民税非課税水準(図表参考)

パターン②収入が半減以下、かつ年収ベースが非課税水準の2倍以下

2月~6月いづれかのお給料×12≦住民税非課税水準×2

図1

いち早く収束できるように、皆さんで頑張っていきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。